下肢静脈瘤や前立腺がんを治療~なりやすい病気をピックアップ~

3人の医師

意外と身近な病気

病院

恐ろしい病気の一つにがんがあります。これは、生活習慣が大事になってきます。生活習慣が乱れると発症してしまう可能性が高くなってきます。また、がんは転移の事も考えると早期発見早期治療が大事になってきます。

View Detail

どのようなものなのか

ナース

乳がんというのは乳房にできるがんのことで、外上部が一番多く内下部が一番少なくなっています。乳頭に出来ることも稀です。統計的には出産経験のない人や高齢での出産、閉経前後の人がなりやすい傾向が見られます。

View Detail

男性のみに発生するがん

2人のナース

加齢により罹患しやすく

前立腺とは精液の一部を作っている男性だけにある臓器です。前立腺は膀胱と尿道の間に位置しており、直腸と接しているため肛門から触診することができます。この前立腺の細胞の増殖機能がコントロールを失い、無秩序に増殖するようになると前立線がんが発生します。前立腺がんの原因として男性ホルモンの働きが関わっていて、加齢によりホルモンバランスが崩れると発生すると言われています。前立線がんが発生する平均の年齢は70歳前後で、50歳ごろから急激に増え始めます。そのため高齢の男性は注意が必要です。前立線がんは欧米に多いがんで、アメリカでは罹患率が日本の10倍ほどあります。しかし近年日本でも罹患数が増えていて、4万人余りの罹患者が存在し、死亡数は約1万2千人となっています。

進行の遅いがんです

前立線がんが発生する場所は尿道や膀胱から離れているため、初期には特に症状は出ません。進行すると尿が出にくい、排尿時に痛みが生じる、尿に血が混じるなどの症状が出るようになります。このような自覚症状が出たときは、すでにほかの部位にがんが転移していることが多いようです。リンパ節や骨に転移することが多く、肺や肝臓に転移することもあります。前立線がんは進行が比較的遅いため、早期に発見できれば放射線治療などで治すことができます。進行すると転移してしまうので、いかに早く発見できるかが重要になってきます。前立線がんの検査は、問診、PSA(前立腺特異抗原)の測定、直腸診と簡単なものから始めます。疑いがあれば針生検を行い、がんが確定すればCTスキャンや骨シンチグラフィーなどで進行度を調べます。

女性に多い病気もある

男性だけではなく、女性にもなりやすい病気はいくつか存在します。その一つに下肢静脈瘤があり、これは女性に多いといわれていますが男性も発症する可能性がある病気です。下肢静脈瘤を発症する原因は静脈弁がうまく機能しなくなり、発症してしまうといえるでしょう。また、ストッキングや下着などもきつめのものを着用していると発症する可能性が高まるので自分のサイズに合ったものを着用する必要があります。下肢静脈瘤を万一発症した場合、手術などで改善することが出来るので足がむくみやすい他、足の血管が前と違って浮き始めてきた場合は病院で治療を受けるようにしましょう。

検査の方法と治療

医療

大腸がんというのは、直腸やS字結腸にできることの多いものです。排便の時の出血で気づくことが多く、この時点で治療を開始すれば治る見込みの高い病気です。普段の食生活が、大きく関係していると言われています。

View Detail